(( へ(へ゜ω゜)へ < 2017年F1日本GP3日目

3日目決勝日は駐車場でゆっくり起きて買っておいた朝食を食べました
f0014380_00052446.jpg
金曜日とは打って変わって快晴となった鈴鹿サーキットです
自衛隊機の撮影の為Eスタンド上段を目指しました
ポルシェカレラカップが終わると前日と同じくRA300のデモランが行われてドライバーズパレードが開始されました
f0014380_00084158.jpg
各参戦ドライバーがクラシックカーに乗ってサーキットを1周します
あまりに車が古すぎて大半は分かりませんでしたw
その後ウィリアムズのデモランが終わって陸自ヘリの展示飛行です
f0014380_00115479.jpg
可能な限り順光で標高の高い位置を選んだのですが、あまり撮影向きのフライトではありませんでした
サーキット上空を2回飛行して帰っていきました
そして14時から予定通り決勝レースが開始されました
f0014380_00142683.jpg
スタート直後2コーナーを回る各マシン
大きな混乱はありませんでしたが、ストフェル・バンドーンが大幅に順位を落としました
f0014380_00205193.jpg
カルロス・サインツが逆バンクでコースオフ
コースには復帰しましたが、ここでセーフティカーが導入されました

レース中盤で場所を移動
ヘアピンかS字かで悩んでS字へ
f0014380_00244798.jpg
フェラーリはセバスチャン・ベッテルがエンジンの不調を訴えて序盤でリタイア
キミ・ライコネンは走行を続け5位になりました
各車がピットを終えて終盤に差し掛かったとき、ランス・ストロールのマシンから「バンッ!」という音が!!
f0014380_00285569.jpg
SS1/1000なのにブレてます
まだまだ修行が足りませんな・・・
f0014380_00303773.jpg
Bスタンドで観戦していた会社の人曰く、足回りのトラブルのように見えたということでしたが
後にオンボード映像を見ると右フロントタイヤが壊れたようでした
このトラブルでバーチャルセーフティカーが導入され、残り5周でレースが再開されました
f0014380_00371197.jpg
トップのルイス・ハミルトンは終盤にバイブレーションを訴え、マックス・フェルスタッペンに追いつかれます
最終ラップで周回遅れを挟むなどして逃げ切りトップでチェッカーを受けました

レース終了後は多くの人が西コースウォークへ向かい長蛇の列が出来上がっていました
疲れきった自分はDスタンド裏で列を眺めながら遅い昼食
休んでいると列に並ぶ会社の人に出会いましたw
駐車場に戻って周りの車が少なくなるのを待ってからサーキットを後にしました

さて、高い観戦料払った分楽しみました
ヘアピンのカメラマンエリアは金曜日にチラッと見たのですが、あまり良さそうでは無かったのでスルーしました
1回くらいは撮っておいても良かったかなとは思いますが・・・
ホンダ不調に日本人ドライバーなしということで、史上最少来場者数を記録してしまったようですが
コーナリング性能が増した2017年マシンは見応え抜群でした
本当に高いので来年も見に行くかというと流石に厳しいかなぁと思います
これ1回見るだけでスーパーフォーミュラ何回見れるんだ!って気がしなくもないw
来年は鈴鹿30回記念大会になりますが、諸々の状況次第ですね・・・

んじゃ、今日はこの辺でノシ

[PR]

  # by gooi-1192 | 2017-10-16 21:00 | 写真 | Trackback | Comments(0)

(( へ(へ゜ω゜)へ < 2017年F1日本GP2日目

2日目は鈴鹿⇔大阪の往復で疲れて遅くに到着
FP3は撮り逃してデモランからの撮影になりました

まずはWilliams 40周年を記念したイベントの一環としてレジェンドマシンのデモランです
FP1と同じくBスタンド1コーナー寄りで撮影しました
f0014380_23204619.jpg
FW04(1975~1976)
f0014380_23240101.jpg
FW08(1982~1983)
f0014380_23262011.jpg
FW11(1986)

3台の走行後はウエディングパレードを挟んでRA300のデモランです
f0014380_23290493.jpg
RA300(1967~1968)
半世紀前のマシンです
上記のウィリアムズのマシンと比較しても、全く空力という概念が無い時代であり
「人が乗るところにタイヤとエンジンを付けただけ」と言っても過言ではないでしょう
シートベルトも装備されておらず、今から考えればただただ危険なだけの乗り物ですねw

デモランが終わるとお待ちかねの公式予選
時折陽が射すドライコンディションとなり、S字2つ目のカメラマンエリアで撮影しました
f0014380_23475002.jpg
Q1でロマン・グロージャンを撮影しているとS字1つ目の立ち上がりでふらついたのに気づいてカメラで追いかけました
200km/h以上でグリーンへ飛び出したマシンは制御できず、タイヤバリアに激突してしまいました
f0014380_23512142.jpg
Q1は残り1分少々だったため、ここで走行終了となりました
f0014380_23522641.jpg
その後は順調に予選が続き、ルイス・ハミルトンが2006年ミハエル・シューマッハの記録を更新して1分27秒319でポールポジションを獲得
S字はコースに近い撮影場所では特に速度の速いコーナリング区間で、かなり難しい撮影でした

予選後はEスタンド上段をロケハンしてから会場内で食事
Cスタンドのカメラマンエリアでズボンを汚してしまったので、またイオンへ行きました
ラジオのF1特集で公開生放送が行われており、中島秀之さんや影山正美さんがいました
夕飯を食べたあとは少し離れた温泉に入って鈴鹿サーキットの駐車場で寝ました

つづく

[PR]

  # by gooi-1192 | 2017-10-15 21:00 | 写真 | Trackback | Comments(0)

(( へ(へ゜ω゜)へ < 元阪急7000系7025F尼崎→西北

3月~4月にかけて阪神尼崎へ回送された7025Fが西北へ戻ってきました
鈴鹿でのF1撮影を一旦切り上げて撮影に向かいました

早めに名神西宮まで戻ってきたので武庫川の様子を見に行くと、まだ誰もいない様子だったのでここで撮影することに
f0014380_23072441.jpg
VVVFへの更新が行われており、併せて車番の変更も行われたようです
その他基本的な装備は従来の能勢電と同一で、側面の表示機も片方が埋められています
なお自走できる状態ではないため、7016×2Rと併結する形で回送されました

山口線以降特に撮影してませんでしたが、再開しました
単に撮りたいものとの巡り合わせが良くなかっただけですが
この日の撮影後、鉄コレを購入してまた鈴鹿サーキットへ戻ることに・・・

[PR]

  # by gooi-1192 | 2017-10-14 21:00 | 写真 | Trackback | Comments(0)

(( へ(へ゜ω゜)へ < 2017年F1日本GP1日目

10月6~8日にかけて第16戦F1日本GPが鈴鹿サーキットで開催されました
チケットの発売日にカメラマンエリア(\63,800)と駐車場(\11,000)を確保して臨みました

初日はのんびり鈴鹿入りしてFP1の途中から撮影開始
Bスタンド1コーナー寄りで構えました
f0014380_22313887.jpg
330km/h以上から一気に200km/h以下へ減速しながら1コーナーを曲がります
激しい姿勢変化で各所が路面と擦って火花が散ります
撮影中はヘアピンでクラッシュがあり1度の赤旗中断
終盤には雨が落ちてきて全車がピットへ入った状態で走行終了となりました

午後のFP2は雨の中の走行ということで、ストレートからの突っ込みが撮りやすいスプーンへ
f0014380_22420005.jpg
雨が強すぎるため14時の段階でスタートディレイが宣言されました
14時15分のセーフティーカーによる確認走行は最も雨が強いタイミングで、SCでも走行が困難な状況でした
暫くすると雨脚が弱まり、45分遅れで走行開始されました
f0014380_22435403.jpg
路面の水はかなり多く、予選・決勝ともにドライになるだろうという予想から多くのマシンは走行しませんでした
ルイス・ハミルトンはこの走行でタイムを記録した数少ない選手でトップタイムでした

ここまで強い雨になるとは思っていなかったため、レインコートを着込んでいてもあちこち濡れました
車の暖房で暖まりながらイオンまで移動し、着替えを調達しました
夕食をとったあとは所要のため大阪へ・・・

つづく

[PR]

  # by gooi-1192 | 2017-10-13 21:00 | 写真 | Trackback | Comments(0)

(( へ(へ゜ω゜)へ < 35系4000番台試運転

6月に新潟トランシスから出場した35系4000番台の試運転が行われました
このうち、各週山口線で行われたC57-1・D51-200・DD51-1043牽引の試運転を撮影に行ってきました

まず1週目のC57-1は7月20日に撮影
f0014380_19391936.jpg
この日は宣材写真撮影のためか、やまぐち号のHM掲出で運転されました
ほとんど風もなく、煙が綺麗に客車の上へ上がりました
復路は白井の里で撮影
f0014380_19413064.jpg
風で煙が流れましたが、客車が全て隠れるほどではなかったので良かったです
普段のやまぐち号と違い、光線状態が良くない時間帯でしたが、悪くはなかったです
ここでは汽笛鳴らし通しというサービスでした
以降の試運転もこの2つと同じアングルで撮影することにしました


D51-200・DD51-1043牽引へ
[PR]

  # by gooi-1192 | 2017-08-08 21:00 | 写真 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE